カードローンプレミアム特集

2017年以降も競争激化!競争により利益は消費者である借り手に還元されるかもしれない。
過去のローン業界の動向を調査。めまぐるしく変化するローン市場で、今後カードローンや消費者ローンはどのような方向へシフトするのか?一歩先行くローン選びをサポートします。

2016年注目の銀行カードローン!

最短即日利用可能!
口座開設不要!
初めての方30日間無利息
【最短即日利用可能!WEB完結申し込みで『来店・郵送不要』】限度額は業界最高水準、低金利!
新登場!金利年1.7%〜17.8%!ご希望限度額300万円以下所得証明書不要!最短即日審査可能!口座開設不要、来店不要、担保・保証人不要、入出金・手数料無料!
◆オンラインで審査結果をスグ確認、当日振込みもOK!初めての方は、ご都合に合わせて2つの無利息を選べます。
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら
みずほ銀行

みずほ銀行カードローン[エグゼクティブプラン]

実質年率
3.000% ~ 7.000%
限度額
200万円 ~ 1000万円
審査回答期間
最短即日
オリックス銀行

オリックス銀行カードローン

実質年率
1.700% ~ 17.800%
限度額
10万円 ~ 800万円
審査回答期間
最短即日
新生銀行

新生銀行カードローンレイク

実質年率
4.500% ~ 18.000%
限度額
1万円 ~ 500万円
審査回答期間
最短30秒

複数の借金でお悩みの方必見!今すぐ借りたい!カードローン・おまとめローン簡単比較

2010年に改正貸金業法が完全施行され「総量規制」が導入されました。総量規制は、消費者金融業者・クレジットカード会社等の貸金業者による貸付総額が年収の3分の1を超えることを原則禁止するものです。銀行からの借り入れは総量規制の対象外で、年収の3分の1を超える借り入れも審査次第で可能になります。
多くの銀行は、ローンの自動審査システム等を開発・活用して、仮審査の結果までの時間を大幅に改善しています。最短即日で仮審査の結果が判明し、当日中に借り入れが可能なカードローンも増えています。また、最近ではカードローンの借り換えや複数のローンを一本化できるおまとめローンなど商品性も改善され利用範囲の広がりをみせています。 クレジットカードの分割払いやリボ払い、カードローン、キャッシングなどを多用していたり、返済のために新規の借り入れを繰り返している方は、今すぐ返済計画や借り方を整理して”完済”を目指しましょう!

おまとめ利用でもOK!
初めての方でも安心!
お借り入れ3秒診断
新登場!金利年1.7%〜17.8%!ご希望限度額300万円以下所得証明書不要!最短即日審査可能!口座開設不要、来店不要、担保・保証人不要、入出金・手数料無料!
【最短即日利用可能!WEB完結申し込みで『来店・郵送不要』】便利なみずほ銀行カードローン!
2016年カードローン総合ランキング第1位!お借入限度額300万円までなら収入証明書不要!/口座がなくても神奈川県・東京都内全地域、群馬県の一部から申込可能!※集計:2016年1~12月迄の総合評価により算出。
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら
オリックス銀行

オリックス銀行カードローン

実質年率
1.700% ~ 17.800%
限度額
10万円 ~ 800万円
審査回答期間
最短即日
みずほ銀行

みずほ銀行カードローン[コンフォートプラン]

実質年率
3.500% ~ 14.000%
限度額
10万円 ~ 1000万円
審査回答期間
最短即日
横浜銀行

横浜銀行カードローン

実質年率
1.900% ~ 14.600%
限度額
10万円 ~ 1000万円
審査回答期間
最短即日

地域密着のカードローン

地域金融機関のカードローンを選択するメリットは、それぞれの金融機関が存在する
地域において営業基盤が強固であるという点があげられます。地方では、地方銀行など
の地域金融機関が支店やATM等の営業ネットワークを積極的に展開している事が多い
ため、きめ細かい接客サービスや借り入れや返済の利便性で地元からの評価が高い場合
があります。また、各金融機関ともコンビニATMとの提携を積極的に進めるなど、他の
地域においても更なる利便性の向上に力を入れています。いつも慣れ親しみ、地域に
根ざした信頼・安心の金融機関を選択肢として検討する事もオススメします。

---にお住まいの方にオススメ!

  • 実質年率

    ---

  • 限度額

    ---

  • 審査回答期間

    ---

  • 来店

    ---

詳細はこちらから

今後のカードローンは「スピード勝負」がキーワード

最近では、ネット銀行など新規参入の銀行も増加して、さらに銀行間の競争が激化しております。貸出金利を引き下げ、極度貸付の利用限度枠を拡大して、これまで取り込めていなかったハイエンド層向けのマーケティングを実施して、貸出業務を拡大させようとしている様子もうかがえます。また、多くの銀行では、大手消費者金融等の保証会社の自動審査システム等を活用して、仮審査の回答時間を大幅に改善してスピードアップを図っています。中には、最短即日で仮審査結果の回答があり、当日中に借り入れが可能なカードローンも増えてきております。今後は、「申込」「審査」「借入」の各手続き過程において、それぞれスピード勝負の競争に入り、その結果、カードローンを借りる人の利便性が向上するかもしれません。

主要銀行とその他金融機関のローン一覧

金融機関名ローン名 実質年率 限度額 審査回答期間
新生銀行
4.500% ~ 18.000% 1万円 ~ 500万円 最短30秒 申込み
新生銀行
4.500% ~ 18.000% 1万円 ~ 500万円 最短30秒 申込み
常陽銀行
2.500% ~ 14.800% 1万円 ~ 800万円 最短1時間 申込み
千葉銀行
1.700% ~ 14.800% 10万円 ~ 800万円 最短即日 申込み
オリックス銀行
1.700% ~ 17.800% 10万円 ~ 800万円 最短即日 申込み
横浜銀行
1.900% ~ 14.600% 10万円 ~ 1000万円 最短即日 申込み
みずほ銀行
3.000% ~ 7.000% 200万円 ~ 1000万円 最短即日 申込み
北日本銀行
3.000% ~ 14.800% 10万円 ~ 500万円 最短即日 申込み
みずほ銀行
3.500% ~ 14.000% 10万円 ~ 1000万円 最短即日 申込み
仙台銀行
3.500% ~ 14.500% 10万円 ~ 1000万円 最短1日 申込み
静岡中央銀行
3.500% ~ 14.600% 10万円 ~ 1000万円 最短即日 申込み
中京銀行
4.900% ~ 14.500% 10万円 ~ 500万円 即日 申込み
足利銀行
5.800% ~ 14.800% 10万円 ~ 500万円 最短即日 申込み
北海道労働金庫
3.800% ~ 9.800% 30万円 ~ 100万円 5日程度 申込み

銀行のカードローン競争が激化。ノンバンクとどう違う?

 銀行のカードローンは、貸金業法の「総量規制」の影響を受けないことで注目され、各社も力を入れているため競争が激しくなっています。特に、大手の銀行はテレビCMや交通広告、インターネットの各媒体でカードローンの広告宣伝を積極的に行っているので、身近によく見かけるようになったのは頷けます。
 銀行がカードローンに力を入れている背景には、2010年6月に改正貸金業法が完全施行されたことがあります。消費者金融やクレジットカード会社などのノンバンクが貸金業者として、貸し出しの際の「総量規制」の対象となったのです。総量規制とは、「原則、 個人への貸付は年収の3分の1を超えてはいけない」というものです。貸金業者が一定金額以上の貸付を行う場合は、収入証明書の提出も必須となりました。
 一方、銀行は貸金業者ではないため、貸金業法「総量規制」の影響を直接は受けません。銀行ごとに独自の審査基準があり、その独自審査と保証会社の審査をクリアすれば原則借り入れができます。現在、多くの銀行はノンバンクに保証審査を任せるなど、カードローンの利用者獲得に力を入れています。中には、審査時間が最短30分のカードローンもあり、系列ノンバンクの審査・与信ノウハウが生かされています。
 最近では、銀行同士の競争も激化しているため、他行よりも金利を低めに設定したり、自行の住宅ローン利用者に金利を優遇したり、商品性に磨きをかけるだけでなく、ノンバンクの特徴であるスピード感や利便性をも併せ持った銀行のカードローンが登場しております。つまり、今やノンバンクか銀行かを気にすることなく、利用できる金融機関の中から、より条件が自分に合っていて、より有利なカードローンを選ぶことができます。
 自分に合った条件で絞り込んだのちに、カードローンの詳細情報をチェックしていくといいでしょう。

ページの先頭へ