マイカーローン完全ガイド
2019年版

日本最大級の『マイカーローン』比較サイト

金融機関

82

掲載ローン

190

  • 新車
    中古車
  • バイク
  • 自動車
    学校
  • 車 検
  • 借り換え

Feature

いま注目のマイカーローン特集

タイプ別で選ぶマイカーローン

どうしよう…納得できるローンがない。お悩みの方にオススメ!

TYPE01

ランキングからローンを探す

定番派の方!
毎月更新のローンランキング、さまざまな角度のランキングからローンを選択。

詳細はこちらから

TYPE02

金融機関からローンを探す

慎重派の方!
銀行や信用金庫、消費者金融など多種多様な金融機関から個別にローンを選択。

詳細はこちらから

TYPE03

地図からローンを探す

地元派の方!
日本全国対応、お住まいや勤務先の地域から申込可能な金融機関のローンを選択。

詳細はこちらから

Advice

ファイナンシャル・プランナーからのアドバイス

マイカーローンの賢い借り方!

金融の専門家<ファイナンシャル・プランナー>

小川 千尋(おがわ ちひろ)

  • ファイナンシャル・プランナー

プロフィール

1994年ファイナンシャル・プランナー資格取得。資格取得後、以前から携わっていた出版物の編集・執筆の経験を活かし、独立系ファイナンシャル・プランナーとして、マネー誌や一般誌、新聞、ウェブサイトなどのマネー記事の編集・執筆・監修などの執筆関連業務および個人のライフプランなどの相談業務、セミナー講師として活躍中。

今やマイカーローンはインターネットで賢く選ぶ時代

都市圏の若者を中心に自動車離れが叫ばれていますが、地方都市だけでなくお子様やご高齢者がいるご家族などでは、まだまだ自動車は生活の必需品です。また、インターネットが普及する中でインターネット利用者の年齢幅は段々広がっており、今やマイカーローンはインターネットで賢く選ぶ時代になっています。ここでは、マイカーローンの賢い借り方をお伝えします。

マイカーローン選びで気をつけたいこと

マイカー購入代金の全額を現金で用意できれば、かかるコストは維持費などのメンテナンスコストだけで済みますが、現金を用意できない場合はマイカーローンを利用することとなります。いくつかマイカーローンの利用に際してのポイントを挙げてみましたので、参考にしてみてください。

1、マイカーローンの借入金額を減らす
マイカーローンを利用して自動車を購入するとき、毎月の返済負担等を軽くするには、頭金をなるべく多く用意して、マイカーローンの借入金額を極力少なくすることが基本です。借りる金額が少なくなれば、それだけ利息などの金銭的な負担や将来への不安などの精神的な負担も軽くなります。

2、インターネットを活用して、ディーラーの提携ローンより低金利のマイカーローンを探す
ディーラーから提携ローンを勧められることが多いと思いますが、見積もりの「金利」や「支払い回数」を参考にしながら、他のマイカーローンも検討しましょう。現在、銀行や信用金庫、信販会社などマイカーローンを取り扱う金融機関は多様化していて、ディーラーの提携ローンよりも低金利で有利なマイカーローンもあるからです。また、中には購入車種を決める前にローンの申込みを受けられる金融機関もあります。まず最初に事前審査を受けることで、あらかじめ借りられる金額の目安がわかり、手続きもスムーズに進められるメリットがあります。

3、できる限り金利(実質年率)の低いマイカーローンを選ぶ
そして、マイカーローンを選ぶ際は、なるべく実質年率の低いマイカーローンを選んで利息の負担額を少しでも減らしたいですね。例えば、120万円を借りて60ヶ月で返済した場合は、実質年率1%の違いで、毎月500円の利息負担に差が出ることになります。

【参考】マイカーローンの実質年率の違いによる毎月返済額の違い<借入金額=120万円、返済期間=60ヵ月>

実質年率 毎月返済額 利息総額 返済総額
2.00% 21.033円 61,999円 1,261,999円
3.00% 21.562円 93,746円 1,293,746円

※イー・ローンシミュレーションで試算。最終回の毎月返済額は掲載の数値と異なります。

今の金利が気になる場合は、マイカーローンの借り換えも検討しよう

ディーラーの提携ローンをはじめ、ローンの借り入れをした後に、もっと金利の低いマイカーローンがあったことに気付くことはありませんか?その場合、マイカーローンの借り換えを検討するのも選択肢のひとつです。ただし、30年など長期の住宅ローンと比べると、マイカーローンは3~10年と返済期間が短く、また借入額も大きくはないため、借り換えによるメリットが出にくい場合もあります。 借り換えをするなら早めに判断するとともに、メリットを確認した上で行う必要があります。
そのポイントとなるのが「金利」と「金利タイプ」です。 当初の借り入れと借り換え後の金利差が大きいほどメリットが出ます。 下表は、ディーラーローン200万円、4年で借りたものを、1年後の残債約153万円を3年(36回)で借り換えた場合の簡易試算です。 この例では、金利差で約6万円のメリットが出ますが、しっかり試算をして確認しましょう。

借り換え前後の返済額は?当初200万円を4年で借り入れ、1年後に残債153万円を3年で借り換え

ディーラーローン
(借り換えしない)
マイカーローン
借り換え)
金利(実質年率) 4.0% 1.50% 2.50%
金利タイプ 固定金利 変動金利  金利変動リスクなし⇒ありへ 
毎月の返済額 45,157円 43,489円 1,668円
3年分の返済額 1,625,652円 1,565,604円 60,048円

執筆:小川 千尋 2012年4月、編集:イー・ローン2019年1月

雑誌・新聞などで活躍中のファイナンシャル・プランナーによる
アドバイス記事をメールマガジンで配信中!

お得なキャンペーン情報も定期配信中!

お得なキャンペーンの情報や、ローンに関する企画・特集などを無料メールマガジンで配信します。今すぐローンは必要ないけど、
今後検討したい方や、ローンとの賢いつきあい方をマスターしたい方は、ぜひご登録ください。

メールマガジン配信登録(無料)

本コンテンツは、サービス選択時の参考情報を提供することを目的としており、ローン商品の商品性の優劣を示したり、イー・ローンとして特定の金融機関、ローン商品を推奨したりするものではございません。また、特定目的への適合性、正確性、完全性について保証するものではありません。

  • ※金融機関数・掲載ローン数は、イー・ローンのデータベースから最新の情報を表示しています。
    申込利用実績は、2019年4月現在の累計申込取次ぎ実績を表示しています。