【PR】

  • 2024
  • 日本最大級のローン比較サイト 比べるならイー・ローン
  • カードローン

  • 新生フィナンシャル

    最短15秒で審査結果を表示

    レイク

    • 全国対応
    • 来店不要
    • WEB完結
    実質年率 4.500% ~ 18.000%
    限度額 1万円 ~ 500万円
    審査回答期間 最短15秒

    初めてご利用の方は、Webでお申込みするとご契約額200万円までなら60日間利息0円!※無利息開始日はご契約日の翌日からとなります。お手続きはWeb完結!スマートフォンと運転免許証があれば、本人確認書類の提出がスピーディーに!

    21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。
    ※一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く。

    詳しくこちら

    三菱UFJ銀行

    様々な用途にご利用可能です

    三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

    • 全国対応
    • 来店不要
    実質年率 1.800% ~ 14.600%
    限度額 10万円 ~ 500万円
    審査回答期間 最短即日

    来店不要!
    ・毎回の返済額は1000円からOK!
    ・申し込みはWEB完結!

    詳しくこちら

    みずほ銀行

    WEB完結!来店・郵送不要

    みずほ銀行カードローン

    • 全国対応
    • 来店不要
    実質年率 2.000% ~ 14.000%
    限度額 10万円 ~ 800万円
    審査回答期間 最短1日

    WEB完結申し込みで来店・郵送不要!最大限度額800万円

    詳しくこちら

  • 千葉銀行

    来店・郵送不要!

    ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>

    • キャンペーン
    • 来店不要
    • WEB完結
    実質年率 1.400% ~ 14.800%
    限度額 10万円 ~ 800万円
    審査回答期間 1日程度

    【年1.4%〜年14.8%(変動金利)】来店・郵送不要!返済は月々2,000円からだから安心!千葉銀行の口座をお持ちの場合、WEBでお手続きが完結!【千葉/東京/埼玉/茨城/横浜市・川崎市でお申込み可】

    詳しくこちら

    三井住友カード

    WEB完結なら電話・郵送無し

    モビットカードローン

    • 全国対応
    • 来店不要
    • WEB完結
    実質年率 3.000% ~ 18.000%
    限度額 1万円 ~ 800万円
    審査回答期間 最短30分

    ◎急ぎでご資金が必要なお客さま!SMBCモビットにお任せください!
    最短30分で審査完了、即日融資も可能!WEB完結申込なら電話連絡なし・郵送物はありません!
    毎月の返済でTポイントが貯まります。アプリがあればカードがなくてもお取引可能です!

    当日中にご融資希望の際は、20時迄にお申込手続完了ください。※審査状況によりご希望に添えない場合があります。※ローン契約機の営業時間は9:00〜21:00(一部店舗を除く)となります。

    詳しくこちら

    横浜銀行

    神奈川・東京の方におすすめ

    横浜銀行カードローン

    • 来店不要
    • WEB完結
    実質年率 1.500% ~ 14.600%
    限度額 10万円 ~ 1000万円
    審査回答期間 最短即日

    2022年カードローン総合ランキング第1位!お借り入れ可能か3秒でチェック!ご契約までWEBでお手続き可能です!一時的な生活費やレジャー資金などの立替に便利です。※集計:2022年1〜12月までの総合評価により算出

    詳しくこちら

かんたん入力!シミュレーションで利息をチェック

お客様のご利息を試算できます!

借入ご希望金額

実質年率

ご利用日数

その他、詳しい条件からローンを探したい方は

ローン簡単検索

ローンデータベースから簡単検索!ご希望の条件に合ったローンを一覧で徹底比較!申込も可能!

地域密着のカードローン ---にお住まいの方にオススメ!
実質年率 限度額 審査回答期間 来店

ローンの専門家と金融の専門家からアドバイス

カードローンの利用金額と適用金利の関係は?

■借入限度額によって適用される金利は違う

 カードローンの金利は、表1のように幅のある数字で示されており、この金利幅はそのローンの下限金利(低いほうの数字)と上限金利(高い方の数字)を示していています。 表1を見ると、下限金利はAが低く、上限金利はBのほうが低いので、一見どちらのローンが有利な金利なのか、わかりませんよね。

表1 金利の表示例
ローン名 金利(年率) 借入限度額
カードローンA 2.0 %~14.5% 10万円 ~ 1,000万円
カードローンB 3.5 % ~ 9.0% 50万円 ~ 900万円

 しかし、カードローンの金利は、一般的に下限金利と上限金利の範囲内で、借入限度額に応じて定められています。 したがって借入希望額によって適用される金利は見当をつけることができ、自分にとって有利な金利かどうかの比較検討も行うことができます。 借入限度額ごとの金利をホームページ等で確認できる金融機関もあるので、チェックしてみましょう。
 表2は、表1の2つのカードローンの借入限度額ごとの金利を示したものです。たとえば、借入限度額が50万円なら、Aの金利は14.5%、Bの金利は9.0%なので、Bのほうが有利です。 しかし、借入限度額が400万円なら、Aは6.5%、Bは7.0%なので、Aのほうが有利です。借入限度額によって、どちらのローンが有利になるかは違ってきますね。
 また、金利は借入限度額が高くなるほど低くなっていく傾向があるので、下限金利が適用されるのは、Aの場合は借入限度額1,000万円、Bの場合は700万円以上900万円以下の場合になります。 「生活費のやりくりに」といった理由で利用する金額ではありませんし、一般的に高額所得者等でなければ、こんな高額の借入限度額は認められないでしょう。 ローン金利を見るときは下限金利に注目してしまいがちですが、家計のやりくりのためにカードローンを利用する場合などは、上限金利に注目したほうが、有利な金利のローンを見つけやすいでしょう。

表2 借入限度額と金利の例
カードローンA カードローンB
借入限度額 金利(年率) 借入限度額 金利(年率)
100万円以下 14.5% 300万円以下 9.0%
100万円超200万円以下 11.5%
200万円超300万円以下 8.5%
300万円超400万円以下 6.5% 300万円超500万円以下 7.0%
400万円超500万円以下 5.0%
500万円超600万円以下 4.5% 500万円超700万円以下 4.5%
600万円超700万円以下 4.0%
700万円超800万円以下 3.5% 700万円超900万円以下 3.5%
800万円超900万円以下 3.0%
900万円超1,000万円未満 2.5%  
1,000万円 2.0%

■「借入希望額」に無理はないか確認を

 借入限度額や金利は金融機関の審査で決まるので、そもそも審査に通らないような金額の借り入れを希望していた場合には、金利の見当をつけることも難しくなります。借入希望額に無理がないかを確認しておきましょう。  あなたの借入総額は今回の借入希望額を含めて「年収等の3分の1」におさまっているでしょうか。 貸金業法には、個人の借入総額を「年収等の3分の1」までに制限する「総量規制」があり、消費者金融やノンバンク等の貸金業者はそれ以上の貸付が原則認められていません。
 また、収入等の条件を満たしていても、きちんと返済できるかどうかを見極めるために、当初の借入限度額は希望額よりも低くなる場合もあります(その場合は、返済実績を積み重ねていけば、利用条件は徐々に有利になっていく場合があります)。
 したがって、複数のローンを比較する場合は、借入希望額に無理がないか見直した上で、借入限度額に応じた金利を比べてみてください。さらに、希望した金額が認められなかった場合に備えて、借入希望額以下の金利も比べておくとよいでしょう。

(執筆: 大林香世 2016年09月、編集:イー・ローン 2017年4月)

  • ローンの専門家<イー・ローン>

    SBIホールディングス株式会社イー・ローン事業部

    イー・ローンは、1999年にイー・ローン株式会社(ソフトバンク・ファイナンス株式会社と米国E-LOAN, Inc.の合弁会社)がローン比較・検索サイトのパイオニアとしてサービスを開始。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社。インターネットにおけるローンの比較・検索サイトとして確固たる地位を確立している。

  • 金融の専門家<ファイナンシャル・プランナー>

    大林 香世(おおばやし かよ) ファイナンシャル・プランナー(CFPR)、一級ファイナンシャル・プランニング技能士、DCプランナー。

    大学卒業後、教育系出版社に入社、教材・雑誌編集などを担当。その後、独立系FP会社を経て、2000年春より独立系FPとして、ライフプラン全般の相談業務や雑誌・HPのマネー系コラムの執筆などを行っている。